FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by emi  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

今年もよろしく

年末年始の忙しさも
普段の2人っきりの生活からすると
本当に嬉しい忙しさで
毎日のおさんどんも嬉し楽しい時間でした。

去年の元旦は朝から元夫に怒鳴られて
子供達は一緒に来ない初詣
怒涛の幕開けの一年でしたけれど

過ぎてしまえば
一年を漢字一文字に例えると
「学」の一年だった気がします。
すべて学ぶ時間だったのだと・・

今年は「愛」に満ち溢れた一年にしたいなぁ・・

初夢が・・
何故か、元夫でも彼でもない男性の
赤ちゃんが出来て
お腹の中で光り輝いているという
とんでもない夢でして・・
こんな歳なのにって慌ててるのに
その男性がすごく喜んでるという
いやにリアルな夢に驚いた2日の朝でした。

恋愛関係にある人ではないので
余計驚いたんですが・・

これはちょっと彼には言えないなぁ・・

今年はどんな年になるのでしょうか。
どんな事が起きても
一日の終わりには笑っていたい。
感謝の気持ちで一日を終わらせたい。

どうぞ、ご縁があって
お話しをして下さる皆様の
一年が光り輝くような
幸せに満ちた一年となりますように。。
by emi  at 17:00 |  私のこと |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ごめんなさい

長い事お休みして
皆様にはご心配かけたと思います。

心の部分は彼に助けられて
とても幸せな時間を送っています。

会社のほうは
本部からの締め付けとお局様のご指導で
ストレスから腸をやられてしまいました。
お仕事を続けるのさえ苦しい状態になったので
お仕事休んで病院に行き
今日は内視鏡検査してきました。
病院から戴いているお薬で
だいぶ良くなってきています。

母は強くならねばと思う毎日です。
心が元気なので、頑張れます^^
by emi  at 19:14 |  私のこと |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑

優しい時間

忙しい私のお休みに
彼はちゃんと合わせてくれて
週に一回という時間は必ずとってくれています。

彼に抱き寄せられて
くっついて寝る時間が
今は一番好き。

夜はばたばたしてしまうので
気がつくと夜中になってしまって
パソコンに向かう時間が
殆どとれなくなってしまいました。

お友達のお部屋にも
全然行けていません。

お仕事で色々あっても
気持ちはとても穏やかで
彼との時間もとっても優しい時間。

こんな風にこれからも
ずっと穏やかな時間が流れていくのかなぁ・・

と思っている今日この頃です。

更新が中々できそうにありません。
だから、暫くお休みしようかと思います。
でもとっても穏やかで幸せです。
どうか心配なさらないで下さいね。
by emi  at 20:41 |  私のこと |  comment (9)  |  trackback (0)  |  page top ↑

揺れる思い


彼に逢えない2週間
それでなくても淋しいのに・・

9月からお仕事が変わります。
それを気に食わないお局様が
本社の社長に噛み付きました。

離婚した「くらいの」事で
正社員にして貰おうなんて考え甘すぎる!
そして、それを受け入れる会社も甘い!
いったいどんな人事をしてるんだ!!

目に余る意地悪をされるので
上司に相談したら
彼女の一件を教えてくれました。
仕事の内容が拙いという事で
言われるのなら、
確かに彼女は経験も長いのでわかります。

でも、「離婚したくらいの事」なんでしょうか
キャリアアップを望んではいけないのでしょうか

それじゃ、私は辞めた方が良いのでしょうか?
涙をこらえて上司に尋ねました。

いいえ、
辞める必要はないです。
今までの頑張りを見て、
もっと頑張ってほしいから
今回の人事です。
彼女は誰がなっても
自分から後に入った人ならそういう言い方をするのよ。
でも風当たりが強いのは事実です。
だから言わせないような成果を出して頂戴。

でも家に帰ってから
情けなくて情けなくて
涙が止まりません。

正式に離婚が決まった時
あなたね、これからは今までみたいな甘い考えじゃダメなのよ!
だいたい、女一人で子供を育てるなら
昔なら髪振り乱して頑張ったものよ
と言われました。

新しい服を着ていくと
ちょっと!あなた生活保護受けてるんでしょ!
そんな贅沢してると近所から通報されるんだから!

その時も
涙を堪えて
生活保護じゃありません、母子家庭手当てですし
ご近所の方は誰も離婚した事は知りません。
それに手当ても今はまだ申請中で
いただけるかどうかもわかっていません。
と答えました。

そして
会社を辞めることを何度も薦められていました。
仕事を選んでちゃだめ
育てるためには何でもしなくちゃね
綺麗なお仕事をしていられる身分じゃないでしょ

私だって辛い事はあったわ
でも努力したから離婚はしなかったわ

そう言われました。

そして今回の社長に噛み付く一件です。

そんなに悪い事をしてるんだろうか
彼女に注意されるたびに
私はお姑さんで苦労しなかったから
その分、今修行させて貰ってる
いつもそう思ってきました。

今まで一緒にお仕事をしてきた仲間と思ってきたのに・・
離婚するという事はそんなにいけない事なのか

情けなくて涙が止まりません。
でも、それこそ子供には見せられない涙です。

そういう時に限って
彼に連絡がとれない。
声が聞けない。
辛いときにそばにいてくれない・・・

どんどんマイナスな気持ちが膨れ上がって・・

翌日電話をして
爆発してしまいました。
emiなんてどうでもいいんでしょ!
2週間も放置して!
つらいのってメールしたのに
声が聞きたくても電話もくれずに帰っちゃうし!
ごめんねという彼に
もういいです!と電話を切ってしまいました。

放っておいてごめんとメールが
連絡がないのは何もないと思っていたし
昨日のメールもいつもの事だと思い
たいして気に留めていませんでした
やっと明日時間があくから明日会おう

やっと2週間ぶりに会えたのに
口を開けば愚痴と恨みになってしまう
だから車の中では話せません

やっと2人きりになれても
どうして2週間も放っておいたの?
泣きながら責めてしまいます。

心が繋がっているから
2週間くらい連絡しなくても大丈夫だと思った

どうして昨日帰っちゃったの?
だから、それは悪かった、ごめん
何があったのか話してごらん

そう言われても
素直に話せません。
泣きながら
そんな話し聞きたくないんでしょ
重たいと思うなら、お別れしても良いです

もうめちゃくちゃを言い出しています。
そんな私なのに

別れたいの?
どうしたの、何があったの

彼は根気良く
強く抱きしめながら、なだめてくれて
撫でてくれます。

そうして泣きじゃくりながら
抱きしめられながら
お局様の一件を話しました。

黙って聞いていた彼は
ただの意地悪でしかないね
でもその人とやっていけないと思うのなら
私をとるかその人をとるかと会社に聞きなさい
そうすれば、会社がどっちを大事に思っているかが、わかる
それをしたくないのであれば
これからは黙って相手にしない事だ

昨日本社から担当部長が見えて
今までの頑張りがあるから今回の人事だし
応援してるからと握手してくれたの

それが会社の答えでしょ
だったら相手にしないことだ

淋しかったんでしょ
彼が抱きしめながら言います。

別れるなんてバカな事は言わないの。
ずっとemiの事を考えていたんだよ。
キスをしながら続ける彼。
ずっとずっと抱きたいと思っていたんだ。

それでも
身体だけの関係なんていや!と言う私に
身体だけじゃないでしょ
emiの全部が好きなんだよ
ちゃんと守ってあげるから

思いっきり泣いて
その後は思いっきり抱きしめて貰って
甘い言葉と甘い愛撫に
すねて硬くなっていた心も態度も
段々と溶けて行きました。

おしゃべりな私が
メールをしなくなったら
それは貴方からよそへ心が動いているか
メールも出来ないくらい辛い事があるか
そのどっちかですから
これからメールがなかったら心配してください

これだけは伝えました。
わかったよと答えた彼。
これからは、安心しきらないで
もうちょっと心配してくれるでしょうか

そして
6年もたつのに
今でもこんな揺れる気持ちになってしまう
こんな我侭な私を
彼はちゃんと受け止めてくれる
懐の広い人なんだなぁと感じた今日でした。
by emi  at 18:34 |  私のこと |  comment (16)  |  trackback (0)  |  page top ↑

私・・

晴れて独り身になりました。

色々あったけど
夫が黙って出て行った翌日
(まだ荷物はあるので、
昼間誰もいない時に
時々取りに来てるようです)

お夕飯を作りながら
胸が苦しくて苦しくて堪らなくなりました。
え?どうしたの?
あんなに待ち焦がれていたのに?
何でこんなに苦しいの??

涙がぼろぼろこぼれて止まらなくなり
キッチンにしゃがみこんで口を押さえていました。
押さえても押さえても
嗚咽が、涙が、こみ上げてきて
立つことも出来なくて・・

子供がやってきて
どうした?!と覗き込みました。

ごめんね、ごめんね
今日だけ泣かせてね

それだけ言うのがやっとでした。

私の背をずっと越えた子供の胸で
わぁわぁ泣いてしまいました。
子供は、その私の頭に自分の頬をつけて
じっと一緒に立っていてくれました。

泣きたいのはこっちだぜ
そう子供は思っていたかもしれません・・

ひとしきり泣いてしまうと

ほら、楽しみにしてた○○始まっちゃうよ
子供が笑顔で言ってくれて・・

夫と別れるのが悲しかったのではない
でも
20年以上も築き上げたものを
失ってしまった悲しみは
やはり、胸を苦しくさせました。

でも、おお泣きしたお陰で
翌日には、非常にすっきりと目覚められ

家中の拭き掃除に洗濯
そして、久しぶりにジムへ行って泳ぐことも出来ました。

夫が帰ってくると、その場にいたくないから
パソコンの前に逃げていた日々・・

今は色んな事後処理の手続きが忙しく
夜は子供が帰ってくれば
色んな話しをして、笑って
一緒にテレビを見て、食事して
おやつを食べて・・

すっかりパソコンの前に座ることも減りました。


彼とは相変わらず熱い時間を過ごしています。
誕生日には、素敵なプレゼントを貰ったし
今日も7時間一緒に過ごして・・

彼に始めて出会ったのは
もう9年も前になります。
恋人になって6年。
最近は以前にも増して、激しく愛されるようになって・・

過去と他人は変えられない
未来と自分は変えられる

ずっと、ずっと夫を恨んでいた
出来ることなら、
夫と知り合う前に戻りたい
そう思っていました。
でも
今は違います。

夫には感謝しています。
夫がいてくれたから
宝物の子供達に出会えた。
夫の仕打ちがあったから
何が幸せかわかるようになった。

私も幸せになれなかったけれど
夫も幸せにしてあげられなかった。
夫と別れることで
今始めて幸せになれる。

もう後悔はしません。
前だけを向いて
毎日が笑顔で終わる日々です。

生きてて良かった。
今、本当にそう思っています。
by emi  at 18:44 |  私のこと |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

友達

また飲んでる時にメールが来たの
ひどいんだよ~~~

友達に訴えました。

あら~また来たの
いいなぁ、飲んでる時に来るなんて
本当にemiちゃんの事、ずっと想ってるんだね
私なら嬉しいなぁ

えええ?嬉しい?
こ~んな事言ってきたんだよぉ

あら、良かったわねぇって言って上げればいいのに

その若い子が、今日は○○さんの隣ぃって座ったんだって!!

もてるじゃない!素敵じゃない!!
そんなもてる彼で幸せじゃない^^

その友達はご主人と別居中に恋人が出来て
恋人のお陰で立ち直る事が出来たけど
すっごく真面目な子で
いつも罪悪感に苛まれていたそうです。
こんな関係だから、沢山会っちゃいけないって
思っていたそうで
自分から恋人に
もっと間あけましょうって言ったんだって
週一逢えるなんて贅沢!とか
けっこういつもたしなめられています。

彼女曰く
本当にその子がいいなって思ったら
黙って手を出すって
酔ってる時って自分は一番好きな人の
声が聞きたかったよ
酔ってる時に思い出すのがemiって事は
いつも思われてるって事でしょ

彼女のお陰で、そっか・・
といつも反省して、
改めて感謝できる自分に戻れます。

彼女とっても気がついて
可愛くて、色っぽいの
そして小柄で華奢で
男なら抱きしめて、守ってあげたいタイプ
いっつも助けられてる
大好きな友達です。

・・だから絶対彼に会わせたくない人でもあります^^
by emi  at 13:27 |  私のこと |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑

もっと大切なもの

水曜なら時間があくよ
それ以外は無理だな

彼に言われていました。
その水曜の朝、始発の新幹線に子供と飛び乗りました。

彼と過ごす時間は大切
彼が私に元気をくれる
彼のお陰で頑張れる

でも、私の中で一番大切なもの
それは、子供達です。

夫とのいさかいを見せられて
柔らかい心が傷ついている子供
本当は春休みには、
頑張ったご褒美に
子供の好きなNBAを
ボストンまで見に行く予定を立てていました。
夫はそれも気に入らなかった・・

でも、やっぱり
新しい生活が始まる前に
どこか旅行に行きたかった
子供と水入らずの時間が持ちたかった。

無理をしてでも出かけて良かった。
帰って来た私に新聞を投げつけた夫だったけれど
それでも
子供達と過ごす時間を作って良かった。

楽しくて、嬉しくて笑ってばかりいました。
地元では恥ずかしがって一緒に写真に写ってくれないのに
デジカメの中には、一緒に写ってる笑顔が沢山です。
桜には、ほんのちょっと早かったけれど
だからこそ、道もまだ空いていて
行きたい所、沢山回れて、美味しいものも食べて
好きな物も買ってあげられた。
夜は三人でくっついて寝ました。

帰りの新幹線の中では
隣でぐっすり眠っている子供の温もりを
暖かく感じて、
涙がまた滲んできました。

この宝物のために
頑張れる。
子供達を悲しませないように
頑張れる。
そう思いながら、揺られていました。
by emi  at 19:11 |  私のこと |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ちょっと休憩

子供と水入らず
一泊旅行へ行ってきます。
張り詰めた空気の家から
ちょっと逃げ出します。
コメントくださってる方達
ごめんなさい
帰って来てお返事しますね。
by emi  at 04:51 |  私のこと |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

愛されている自信

私ってとっても単純で
感情がすぐ顔に出てしまうらしいです。
喜怒哀楽がすぐわかってしまうのが
プロを目指しているので
お仕事をしている時は困ります。

あ、怒る部分は他人に対しては出せないので
その部分は良いのですけれどね・・

彼に会ってきた後はすぐわかると
友達に言われます。
とっても嬉しそうで輝いていて・・
お化粧のノリもすごく良いしと

今回は特に
愛されている自信に溢れてると言われました。
特別素敵な事があったんじゃないの?って

もうすぐ6年めを迎える私達

色々あってアップダウンを繰り返し
素敵な彼だから心配もするし
女としても自信もなかった私だから
ずっと不安でしたけれど
彼が根気良く育ててくれて
褒めてくれて
愛してきてくれた。

そして今回言ってくれた言葉

永遠なんて何もないんだけれど
今、この時は最高に愛してくれている
それが
彼の表情、態度、言葉
すべてから感じ取れて
ちゃんと愛されていると
確信できて
それが、やっぱり非言語の部分で
現れるのですね・・

大好きで大好きでたまらない人に
ちゃんと愛されるのって
こんなに幸せな事なんですね
by emi  at 12:34 |  私のこと |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑

うわさ話し・・・

最初の頃は
いつでも時間があいたら逢いたくてたまらなかった2人
段々逢う間隔があいてきて
そうしたら
今度はいつ逢えるんだろうと気が気じゃなくて
急に逢いたいって言われたら
やっぱりどんな約束よりも優先したい・・

だから最初の2年は
すっかり友達とも疎遠になってしまって
毎日毎日彼からの連絡を待っていたような気がします。

2年たって仲良しの友達と
映画に久しぶりに行ってみました。
あら、な~に、友達と過ごしても
前みたいにちゃんと楽しめるじゃない
どんな事でも彼と過ごしたいと思っていたので
自分自身に驚いたものです。

今でも友達か彼かと選ぶなら
彼との時間を選んでしまうけど
ちゃんと予定をお互い伝え合っているので
翌週のだいたいの予定はつかめますから
オフの時間は友達ともちゃんと楽しめる自分が居ます。

さて先週は、来週は時間に余裕があるよと言っていた彼
急に大変な事が勃発、
下手したら連日会社に泊まりこむくらいの事が起きて
今週はデートはなしです。
ちゃんと説明してくれてるので
安心して次のデートまで過ごせます。

先週、今週と子供関係、会社関係と
行事や飲み会が続きます。

その子供関係の母ばかりの集まりの後のランチで
○○さんがね・・・という話題が出ました。
どうも不倫をしているらしい、という話題
不倫なら○○地区の人だって同じ町内で・・・
そこで母達の意見は
どうして、あんなに素敵なご主人なのに
あるいはあんな素敵な奥様なのに
不倫相手に選ぶのってずっと下の人なの?
変だよね~~~
恋に狂うと目もおかしくなるのかしらねぇ~~
だいたいそういう人って倫理観がおかしいわよねぇ
その人の子供が可哀想でさぁ
顔見れないのよねぇ

まぁ、言いたい事言いたい放題でして・・
はい、おっしゃるとおりでございます
私はな~~んにも言えませんから
ふ~~んと聞き役で・・

やっぱり絶対絶対ばれてはいけないなと
心にかたくかたく誓ったのでした。
by emi  at 22:10 |  私のこと |  comment (9)  |  trackback (0)  |  page top ↑

救われて

やっぱりバチが当たったんだ・・

彼とこういう関係になったバチではなく

夫の事を死ねば良いとずっと恨んでいた
10年もずっと人を憎んで恨んだ気持ち
そして、死にたいと思って泣いていた
その暗いどろどろした思いが
身体の中に病気を作ったのだ。
この病気の原因が悪い心というのではなく
私の場合は、私の心が作ったのだと今でも
思っています。

でも
あの時彼に出会っていなかったら
本当に死にたいと思っていたから
今私はここにいないかもしれません。

子供たちを残してはいけない
その苦しい思いと共に
また彼に抱きしめてもらいたい
その思いもとても強くありました。

残念ですが
結果は悪性でした

その言葉を主治医の先生から聞いても
私は不思議と全然驚きませんでした。

(あぁ、やっぱり・・)

でも、幸運な事に本当に初期でした
そして、どこにも転移は見えません
今回は外科的に除去してお終いです
抗がん剤の治療も一切ありません
今回のように本当に初期で見つかることは
本当にラッキーだったと思ってください
人間ドック受けて良かったですね

母が救ってくれた
そう思いました。
まだ死んじゃいけない
母の声が聞こえたようでした。

ずっとついていてくれた妹が泣き崩れました。
先生、先生ありがとうございます
ありがとうございます
そう何度も何度も妹が泣いて主治医の先生に
お礼を言っていました。
私はその時は何だか、
人事のような感じがしていました。

夫はまるで他人のようでした。
一言も話さず、離れていました。
私は妹を抱きしめて、大丈夫だからと
可哀想に、怖かったのね
もう大丈夫だからと撫でていました。

彼に電話をかけて
あのね、悪性だったの
でもね、とっちゃったから大丈夫よと告げました。

驚いた彼は
物凄い量の資料をもって現れました。
見てごらん!癌研の資料集めた!
そんな小さいのは、本当に初期なんだよ
全然心配ないよ!
何にも怖くないよ!
再発もしないんだよ!!

それから毎日
彼は家族が来ない時間を見計らって
やって来ました。
傷にさわらないように、頬や髪を撫でて
優しく優しくキスをして帰って行きました。

退院して家に入った時
始めて涙が溢れました。
帰ってこれたぁ!泣きながら夫に抱きつきました。

夫は私を押し返し
病院にお金払ってくるんだよ!
と出て行ってしまいました。

その夜、まだお腹が痛いけど妹と一緒に
布団を子供部屋にうつしたのが気に入らない夫に
自分が寝る場所がないと怒鳴られて
始めて妹が切れました。
もうこんなところに姉をおいておけない!
お兄さんが病気にしたんだから!
連れて帰ります!
泣きながら妹が夫に食ってかかりました。
夫は、40年生きてきて性格は変えられない!
と怒鳴り返しました。
何時間も泣いて怒鳴りあいが続きました。

お願いだから寝かせてと私が言って
始めて夫は
悪かった、自分の中では働いて家に金をいれれば
それで良いと思っていたと言いました。
でも変わりたくても変われない。
時間がかかるから、待ってくれと言いました。

その言葉忘れないでと妹は言い
数日後帰って行きました。

その後も傷跡に物を投げつけられたりしたのですから
夫の言うように、簡単には変わらないと思っています。

大きな手術だったろうと思いますが
翌日から歩かされ、一週間で抜糸
12日めには退院と、とても回復が早かったと思います。
びっくりしてお見舞いに来た友人達が
私が余りに元気なのに、また驚いていました。

退院する時に、主治医の先生はもう何でも出来ますよと
またあっけらかんと笑っていました。

退院して一週間、彼が会いたいと言って来ました。
2人きりになりたいと言われました。
何もしないから、ただ抱きしめていたいんだ

部屋に入ると、それはそれは優しい笑顔で
おかえり
ただいまと答えながら、涙が溢れました。
あぁ、帰ってこれたんだ
生きて帰って来れたんだ
本当に心から思えました。

夫は言ってくれなかった言葉
おかえり

彼が心から言ってくれたのです。

夫は私の傷跡を見たことがありません。

こんな大きな傷跡が出来て
もう抱いてなんかもらえないと泣く私を
抱きしめて
可哀想で見れないだけだよ
傷跡がぴりぴりと痺れなくなってから
可哀想に、よく頑張ったねと
彼は傷跡に優しく唇を這わせました。

主治医の先生よりも
私がどんどん元気になっていくのを
彼は実感していたと思います。
傷にさわらないように、優しく優しく抱いてくれて
繋がっているだけで幸せでした・・
生きて帰って来れたと一番実感したのが繋がりでした。
ちょっとずつちょっとずつ
普通の繋がりにしていく過程
彼は私の身体をずっと見て体感していたと思います。

誰よりも、もうすっかり元気なのを
知ってるのは俺だよと
笑っていました。

再発が怖くて泣く私を救ってくれたのも彼でした。

取ってしまって、もう終わったんだよ
またなったとしても、それは再発じゃない
新しい病気なんだよ
そして新しく病気になるのは皆一緒なんだからね

彼のこの言葉で始めて
恐怖から救われたのです。

あれから
やっと5回目の秋になりました。
彼がいたから今がある
そう思っています。
by emi  at 00:36 |  私のこと |  comment (12)  |  trackback (0)  |  page top ↑

人間ドック

ここに腫瘍がありますね、
すぐに○○○科へカルテ回しますから検査して下さい。

毎年検診を受けていた総合病院の検診センターで
その年は何故か人間ドックを受けなくちゃと
思っていました。
亡くなった母にそう言われている気がして
人間ドックを受け、その午後に結果を聞かされました。

隣接している総合病院で待っている間
涙が止まりませんでした。
怖くはなかった。
やっぱり・・・来たんだ
死んじゃうと思ってたのは
やっぱり当たってたんだ・・・
だから彼に会えたんだ・・・

涙が止まらなかったのは
子供達の事を考えてでした。

母を見送った事のある私は
命はちゃんと決められていて
どんなに祈っても何をしても
それに逆らう事は出来ないと
身を持って知っていたし
もし自分の身に何が起きても
ちゃんと知りたいとずっと思っていました。

でも、今はまだ早い
子供達がまだ小さい今は
子供達には、私が味わった思いを
まださせたくない

その考えが頭の中をぐるぐる回って
涙が止まりませんでした。

呼ばれて診察室に入ると
お医者様が、にっこりと

目どうされました?
花粉症ですか?

ほっと気が抜けて

いえ・・腫瘍があると言われたものですから・・
泣いてるんです!

あぁ、そうですか・・
急がなくて良いと思うけど
そんなに心配なら
ちょっと入院患者さんの検査の間に
ちょこっと入れちゃって
検査早くやってあげましょうね^^
○日にもう一回来て下さい

この先生はのほほんとしていて
結果が出た時も
あぁ、やっぱり腫瘍ですね
ちょっと大きいですから○臓とっちゃいましょ

と簡単におっしゃいました。
私も、何だか簡単に
はい、お願いしますと頭を下げていました。

病気の話しの大嫌いな夫は
待っている時も離れて座り
家族も一緒にと言われた話も
離れた椅子に座って聞いていて
ずっと黙っていました。

夫には帰ってもらって
入院の手続きや入院前の検査の予約
輸血はいやだから自己血採血の予約
すべて一人でしました。
すごく冷静でしたけれど
夫の態度が情けなくて
泣きながら書類を書きました。

普通妻が重い病気かもしれないなら
待っている間手を握っていてあげるとか
そういう事さえ思いつかない
それより自分が怖くてその場から逃げ出したい夫・・

そんな夫に子供を残しては
まだ逝けない
そう思いました。

手術すると彼に告げても
大丈夫だよ、すぐに退院できるよ
じゃ、今日は美味しいもの食べに行こう
病院のまずいご飯食べるの可哀想だからね
頑張っておいでと抱きしめてもらったら
本当に大丈夫な気がしました。
by emi  at 18:09 |  私のこと |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

変わったのは

私の声って変じゃないですか?
まだ初めの頃、急に不安になって聞いた事があります。

え?どうして
可愛くて好きだよ

べちゃべちゃした声でしょ
舌足らずだし・・
主人にお前はおばさんなんだから
おばさんらしくしていろと言われるの
そんな甘えた声でしゃべるなって・・

本当に夫は何から何まで
私が気に入らなくて、怒鳴ってばかりいました。
そんな、話し方まで怒られていたので
自分の声までも自信がなくなっていたのです。
話す声さえ今よりも低くなっていた気がします。

彼は笑いながら
甘えてくれる方が嬉しいよ
それに、emiの声も話し方も好きだよ

あぁ、自分のままで良いんだ・・
嬉しくて嬉しくて
まるで子犬が尻尾を振って飛んでいくように
彼の胸に飛び込んだのを覚えています。
話し方一つにしても
彼は段々と自信を取り戻させてくれていったのです。
今ではね・・
2人っきりの時は、もうめちゃくちゃ
あま~~~~~~~く甘えて話します。
頬を撫でながら、
にこにこして聞いてくれる彼だから。

まだ恋人になる前に
彼と活動をしていた関係の方から
半年で良いからと
あるお仕事を頼まれた事がありました。
夫より先に彼に相談していました。

どうしよう・・結婚して今まで働いてこなかったし・・
彼は、電話の向こうで
やってあげれば?大丈夫だよ
emiさんなら出来るよ。それに半年でしょ?
そうして単身赴任の夫には
○○○のお仕事を半年する事にしました。
と連絡したのです。

ねぇ、また仕事してみれば?
家にばかり篭ってるのは良くないよ

毎日は会えなくなったので
毎日電話してしまう私に
彼は閉口していたのでしょうね。

ごめんなさい、忙しいよね、でも声聞きたくて・・
淋しいの淋しいの、早く会いたいの

早く会いたくて会いたくて
大好きで大好きで、でも手に入らない
胸が苦しくて苦しくて堪らなかった私に

外に出れば、彼の事を考えないで済む時間が出来る。

それに、自分のお金があれば
化粧水一本買っても
こんな高いの買って、お前何様だ?!と
夫にいやみを言われないで済む。

半年だけお手伝いしたお仕事を
今度は自分からお願いして始める事にしました。
それでもフルタイムではないし、午後からは彼に会える。
そのお仕事をその後2年して
今のお仕事に替えたのですが

彼に背中を押されて外に出て
本当に良かったと思っています。

今のお仕事を探す時も
平日の昼間に休みがあって彼に会える
それを第一条件で探したので、フルタイムではないですが
研修もしてくれて
正社員以上の、ある事も任せてさせてもらえる
勉強して勉強して、まだまだ足りないと思っています。
沢山本も読んだし、研修も頑張った。
まだまだ成長できる自分に驚いたし
そんな勉強している姿を子供に見せることもできる。

夫に虐げられて泣いてばかりいた頃は
自分に自信がありませんでした。
女としても、人としても。
だから、辛い辛い、それは全部夫のせいだと
責めてばかりいました。

最初は夫に何かされると
聞いて欲しくて彼に全部訴えていました。
でも、ある時

ねぇ
もうご主人の悪口は聞きたくないよ
そんなemiは見たくない
もし、俺が
○子あの馬鹿やろうとか何時も言っていたらどう?
嫌いにならない?

悪口というより
ただ聞いて欲しかっただけだったので
そう言われた事は、ショックでした。
でも、良く考えれば彼は正しいと思いました。

子供の悩みやその他の事は
それからもちゃんと聞いてくれていた彼なので
夫の事は、話さないようになりました。

今のお仕事は、やりがいもあるし
目標に向かって頑張れる自分がいて
いつも綺麗にしていられる楽しさもあります。

貴方にお仕事してみたらって言ってもらって
本当に良かったです。
辛い事もあったけど、頑張ってこれたのは
貴方がいてくれたからです。

成長したね
辛い事があるから乗り越えて成長できるんだよ

新しい事を勉強するたび、本を読むたび
彼と出かける車の中で一生懸命話して
ちゃんと彼は聞いていてくれてアドバイスもしてくれました。

女としてだけではなく
人としても彼に成長させてもらったと思っています。
by emi  at 17:06 |  私のこと |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。