FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by emi  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

姫・・秘め?・・収め

昨日は飲みすぎていなかったかしら?
今日は二日酔いになっていないかしら?
お酒の好きな彼
本当はもっと飲ませてあげたかったけれど
折角の今年最後のデートが二日酔いでは悲しいから
いつもよりは彼も抑えていたと思うし・・

クリスマス用に買った下着そのⅡを着て
彼のお気に入りのガーターとストッキングも・・
ワンピースを着て
フェイクファーのコートを羽織って
待ち合わせ場所へ急ぎます。

車に乗り込んで
昨日はご馳走様でした
美味しかったね、また行こうねと笑顔で答える彼
彼の手に右手を滑り込ませ
今日は?と聞くと
しっかりとその手を握ってくれて
大丈夫だよ、今日は時間とって来たから
○○か○○へ行こう

高速に乗ると彼の手が広く開いたドレスの胸へ・・
いきなりぎゅっと乳首をつままれ
あんっ
声が出てしまう
そして、その手がワンピースの裾をまくります
いや!見えちゃう!
お願いですから、今は運転に集中して下さい
待ちきれない
こうしている間もemiに触れていたい

毎回そうなのですが
ホテルへ向かう道は
市内を出たとたんに
触りたがる触れたがる
そして指を舐めさせたがる
それが
帰りの道はまだ市内に入らないのに
ちゅしたいって言ってもダメ!
指舐めたいって言ってもダメ!
どこで見られるかわからないでしょ
それは行く時だってそうでしょ?
おかしくておかしくて毎回笑ってしまいます
行きと帰りの彼の差です。

新しく出来た最近のお気に入りのホテルの
一番広い露天風呂の付いた広いお部屋が空いていました。

以前に激しく愛撫されてピアスが飛んで
二人で必死に探した事があるので
私がアクセをとる間だけはいつも待ってくれる彼が
それでも
お部屋に入ったら後ろから抱きしめて
お願い、外す間待ってという口をキスで塞いで話させない。

ピアスにネックレスにブレスにリング
考えたら、これは全部彼からのプレゼント・・
胸をもまれ首筋にキスされて
喘ぎながら
やっとの思いでテーブルに全部置きました。

ワンピースを脱がしてくれないので
自分でファスナーをおろすと
抱きしめながら
それを彼があげてしまいました
え?脱がないの?

そう思っている私を壁に連れて行き
ほら手をついて!
そして裾をまくりあげると
ガーターとストッキングだけの私のお尻が・・

あぁぁぁぁ
彼の嬉しそうなため息が・・・
by emi  at 18:02 |  恋する時間 |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑

一週間遅れの忘年会・・一日遅れのクリスマス

先週はお仕事での疲れもピークだったのか
家族で一人だけ、どうやらウィルスを拾ったらしく
物凄い勢いで具合が悪くなり、
菌さえ出てしまえば早いと聞いていた通り
翌朝にはすっきりと回復・・

でも、それで彼との忘年会が延びました。
同じ店に予約を入れて、忘年会やりなおそうと言ってくれて
嬉しくて嬉しくて、朝からドキドキしっぱなしです。

着ていくものも、普段は脱がせやすいからと
彼の好きなワンピースで会っているのですが
お食事だけなら、ちょっと気取ったスーツで行こうかな・・
お仕事では、毎日スーツなので
彼は私のスーツ姿は、役員時代から見ていないし
その中で一番細くて素敵に見えるのにしよう・・
鞄は?最近はブーツで行くけれど、華奢な靴にして・・
まるで始めてのデートみたいにウキウキして・・

職場から家まで電車で8分の所に住んでいるので
必死にお仕事終わらせて
一旦飛んで帰って、子供の好きなお夕飯を作り
もしかしたら同じ電車で行けるのかな?なんて思って
どうやって行きますか?
お返事は
用事があるので、先に行っています

え、お仕事で誰かに会うのかしら
そんなに忙しい合間に時間とってくれたのかしら・・
昼間はとても忙しいとは聞いていたけれど
同じ電車に乗ってみたかったな・・なんて思いながら
土砂降りの中、予約してくれていたお店へ急ぎます。

いらっしゃいませ、お待ちでいらっしゃいますよ
女将に通された奥のお座敷に
彼はニコニコして待っていてくれました。

食前酒は温かい梅酒
まずは乾杯をビールですると
彼が、ニコニコして
はい、遅くなったけどと
渡してくれたのが、大好きなブランドの包みです。

それを買うために早く来たんだ
本当はね、ネットで見つけたブルガリのブレスレット
それにしようと思って来たんだけど
扱ってなかった
用意が悪いなぁと、今回は反省したよ
絶対あると思ってたんだ
貴金属売り場へ行ったけど、
そこにも気に入ったのがなかった
それでemiの好きなそこへ行ったらね
そのブレスレットが目に入ったんだ
すぐに気に入って包んでもらった
値段も見てない事に後になって気付いてさ

プレゼントをくれる時
いつもどうやってそれにしたか
どこで探したか
本当に嬉しそうに話してくれる彼
恥ずかしいんだよ、いつも
と言う彼
そうやって、私が気に入るかなぁと思いながら探してくれる
その時間が一番嬉しいと思います。

女将がいつお料理を持って入ってくるかわからないから
飛びついてお礼が言えなかったのが、残念です。
わぁとっても素敵!すっごく嬉しい!!ありがとう!!
はめて・・と差し出して
どう?

うん、とっても良い
はめるともっと良く見える
いい女がするから、いいんだね

つきだしもお造りもとっても美味しい
燗をつけてもらったお酒も美味しい

私は気が利かないのでぼーっとしてたら
まったく、お嬢さんなんだから
ついでとお銚子を渡されてしまいました。
あ、ごめんなさい
そうだよ、そうやってついでくれるから
もっと美味しくなるんだからね

女将に、女性のほうに置いておきますねと言われたお鍋のお皿
いえ彼は鍋奉行ですので・・
そうそう、僕がやるから
しきるのが好きな彼
駄目駄目、まずはこれからと楽しそう
やっとお肉を入れてくれたら
ほら、もう食べれるから

もうね、蕩けそうなお肉で
思わず、美味しい~~~~
でしょ?旨いでしょ??
だから食べさせたいって言ったでしょ

本当に貴重なお肉らしくて
予約した分しか食べられないそうで
そこはもともとすっぽんで有名な料亭で
女将も感じが良いし
お部屋も感じが良い
ただ、折角の個室なのに
隣に座る事も出来ないし
掘りごたつ形式になっている机のしたで
そっと脚を絡ませるくらい・・

いつもはせっかちなお昼だけですが
こうやって飲みに行くと
色んな話をしてくれる彼
とっても饒舌になる彼
話は色んな方面で多肢に渡っているし
お仕事の話しだってしてくれます
夢を語る彼も素敵だし
弱い部分だって見せてくれます。

美味しいお料理にお酒に
会話もとっても美味しい
だから
彼と夜会うのは、役員をやっている頃から大好きでした。
こうやって夜出かけるのは2年ぶりよ

そうだっけ・・
また来れるさ
お化粧を直してきた私を抱き寄せて
熱く熱くキスをしてきます。

この後どうしようか
雨だから歩くのイヤだなぁ
このままホテルへ行こうか
いや、明日があるから今日はもっと楽しもうね
タクシーに乗り込んで、普段なら歩く距離のホテルの
懐かしいラウンジへ行きました。

30階から見下ろす夜景
だんだんガスで曇ってきたけれど
見とれていると
回りはカップルばかりだよと言う彼に
私達だってカップルなのよと笑います。
本当に何て素敵な彼・・・
嬉しくて嬉しくてずっとニコニコしていたと
思います。

この八年で彼はどんどん大きくなって
素敵になった。
人としての魅力も増してきて
それが顔に出てると思います。
キャンドルに照らされている彼の顔に
見とれていました。

ここは、あの始めてのデートの後に来たラウンジで
その後も飲みにも来ているし
ランチでも来ています。
でもあの時、まだ二人はエレベーターの中でも
ドキドキしていただけだったわ・・
そう思っていたら彼が抱き寄せてきてキス
行きも帰りも二人きりだったので長いキス
帰したくなくなった・・このままここに泊まって行こうか
明日があるでしょ
そうだね・・明日があるね
明日は朝から会おうね

タクシーの中で
スカートをたくし上げてももをさすって来ます
その手がもっと奥に行きそうになったので
恥ずかしいし、運転手さんは絶対気付くから
その手を持って、繋ごうとすると
私の手を彼の口へ持って行き指を舐めて・・
明日まで我慢できるのかしら
不安になるくらい・・

久しぶりの夜のお出かけは
本当に本当に優しくて素敵で男らしい彼に
惚れ直す夜になったのでした。
by emi  at 00:41 |  恋する時間 |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑

怖いくらい幸せ

先週電話した時に
来週は比較的時間とれそうだよ
じゃ月曜は?
大丈夫だよ
やった~~~~~嬉しい~~~~~♪

でも何の音沙汰もなしの朝・・
急に忙しくなったのかしら
それともまた家に携帯忘れたのかな・・
出かけるなら用意があるのに・・
痺れを切らして彼に電話をすると
今日はダメと言われました。
仕方ないので諦めて
友達と午後からジムに行く連絡をして
さあ!片付けをして大掃除!!と思っていると
彼からメールが・・

あんまり時間ないけど今から会おう
迎えに行くよ
30分後に○○

ええええ??そんな
用意もしてない、お手入れもしてない
どうしよう
まずは友達に謝りのメールをいれて
大物を洗っていたのを干して
でもちょっと早いけど用意していた
クリスマスプレゼントは持って・・

何て強引な彼
考えてみたら
私が会いたいなって言っても
彼が忙しかったらダメなのに
彼が会いたいって言ったら
それを通してしまう強さがあって
それにちょうど何時もそういう時は私はオフで・・

それでもやっぱり嬉しくて思わず駆け足で
迎えに来てくれている場所へ急ぎます。

車に乗り込むと
急に決めてごめんね
笑顔で言われちゃうと
もう会えた嬉しさしかありません。

先週二回会えて嬉しくて
今週も月曜から会えるなんて
それだけで
もう嬉しくて嬉しくて
車の中でもずっと笑って話していました。

お部屋に入ると
私が荷物を置くのさえ待ちきれない感じの彼が
抱き寄せてきて
キスの嵐
会いたかったよ

今日はね、ちょっとクリスマス用に買った下着
そのⅠなの^^
透けているベビードールで金の星柄です
胸のところがスリットであいていて
それだけで彼はもう悦んでくれて
買って良かったぁ・・・

激しくて熱くて蕩けそうな愛撫に
乱れてしまう私を
可愛いからと
彼は携帯でばちばちと画像にとっていきます。
恥ずかしいからイヤというのに
ムービーまで・・
逢えない時に見るんだよ
嬉しくないの?
だって恥ずかしいもん
見てどうするの・・?
emiを思い出して自分でするんだ

あぁぁぁぁ
このご奉仕がなければもう生きていけないよ

何て良い女なんだ
最高の女になった
何て良い○○○○なんだ

会えなくてもずっと良い子でいるんだよ
そうすれば、ご褒美を沢山あげるからね

今日の彼はいつもにも増して饒舌です。

激しく激しく愛されて
いった後も抱き寄せてきて
胸にかたく抱きしめて寝て
目覚めて復活して
二回目は後ろから抱きしめる形で終わり
そのまま強く抱きしめたまま
首筋や髪にキスをして
何度も何度も抱き寄せて抱きしめる
こんなにも愛されていると
身体の奥から突き上げるように感じます。

どうしてこんなに優しいの?
幸せすぎて怖いと言う私に
彼はキスで答えます。

そして
遅いお昼を食べながら

来る車の中で
良い店を見つけたよと話してくれた所
仲間内の忘年会で行った所
全部個室だったんだ
誰にも会わないでしょ
それでね、料理もとっても美味しかった

そこへ今週食べに行かない?

夜のお出かけなんて
ずっとしていませんでした。
どこで誰に見られるか、わからないでしょと
言っていた彼が
美味しかったから食べさせたいと言ってくれて
今週2人だけの忘年会・・

何でこんなに優しいの?
あんまり幸せだと不安になります。
こんなに愛されて
それだけを喜べば良いのに
もう彼がいない生活は考えられない
余りに幸せで胸が切なくなります。

お誕生日のプレゼントも
クリスマスのプレゼントも
どっちもとっても悦んでくれて
私もとっても嬉しかった・・
by emi  at 19:05 |  恋する時間 |  comment (13)  |  trackback (0)  |  page top ↑

愛のマッサージ

今から会えない?
調子が悪いから寝るだけだけど

7時半過ぎに、彼からメールが来ました。
忘年会続きの彼に昨晩は
余り飲み過ぎないで、楽しい時間を過ごしてね
とメールして寝たのですが・・

あぁ、また二日酔いなんだ
すぐにわかりました。
立っているのがやっとくらいに辛い時
会社には出るけれど
横になりたくて
こうしてメールしてくるのは
始めてではありません。

でも横になるのが、
会社から車ですぐの家ではなくて
こうして私に聞いてくれるのが嬉しくて
殆どすっぴんに近い状態でマスクをして
しっかりアロマオイルは持って出かけました。

しばらく寝かせてあげて
それからお風呂に入ってから
マッサージしてあげよう

一昨日あんなに激しく愛してくれたのだから
今日は隣に寝ていられるだけで嬉しい
そう思っていました。
でも・・・

ベッドに入ったらすぐに寝てしまうと思った彼が
大きくなっちゃった・・・と・・
でも動けないくらい辛そうなので
お口で優しく優しく・・

疲れ魔羅とでもいうのでしょうか
疲れているからこそなのか
とにかく今日は
2時間近くもその状態が続いてしまって
お口で・・手で・・・
結局私が上に乗っても
物凄く悦んでくれて
悶えながら
声をあげて感じてくれるのに
最後までいかない彼

何度もその繰り返しで

私が疲れてしまって添い寝すると
彼は
ずっとにぎってて・・と
甘える事の少ない彼が言うのですから
嬉しくなって
ローションをつけて
ずっと手では愛撫を続けていて
気がついたら寝てしまった私の手の中で
それでもずっと元気だった彼・・

それでも、どうしてもいきたい彼が
横に寝たまま彼が後ろからという形ではじめ、
やっぱり最後には彼が上になって
良い子だ良い子だ
欲しいか?欲しいか?と強く抱きしめながら
やっと彼がいってくれた時には
私はもうへとへとでした。

そうしてやっと深く寝た彼に抱きしめられて
私も深く眠りました。

ようやくお腹が空いてきたよと彼が言ったので
アロマオイルでのマッサージ

今日は二日酔いに効く調合にしてあったので
時間をかけてゆっくりと全身のマッサージをしました。
特に足はリンパが滞っていて
膝の裏にも固まりがあったので
何度も何度もしこりがなくなるまで

彼の身体は触ると、今日はどこが痛いのか
昨日はお酒飲みすぎたでしょと
すぐにわかります。

今日はマッサージをしていても
膝の裏が痛いとか、足の裏もう一回やって
腰も痛い
不思議と甘えてくる彼がいました。
それが嬉しくて嬉しくて
本当は二日酔いで苦しんでいて可哀想なのに
可哀想に・・と言いながらも
心の中は嬉しがっている私がいました。

一時間ほど時間をかけて
全身のリンパドレナージュと頭も
ツボを押さえてあげてマッサージ
あぁぁ、楽になったぁ
と彼が悦んでくれて
本も買ったし、
実際にやってもらってきて勉強して
本当に良かったと思いました。

今日は本当にマッサージだけのつもりでしたけれど
そんな時でも
求めてくる彼が嬉しくて逢えて嬉しかったのは
私だわと思っていました。

あ、そんな時だからこそだったのでしょうか?
by emi  at 17:15 |  恋する時間 |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ご褒美は・・

逢ってきました。
私には長い12日間でした。

月曜なら会えるかと思って我慢した10日間。
大変な時なんだから我侭は言わない。
それがまた延びると言われたら
急に我慢が出来なくなって
押さえていた淋しさが溢れてしまい
昨日はお布団に入ってからも
涙がどんどん溢れてきました。
逢いたくて逢いたくて
どうか早く逢えますように
祈りながら寝た昨晩でした。

今日はやっぱりダメですか?と朝のメールに
予定が変わって今日が一番時間取れそうです
もう少し待ってください、また連絡します
メールを見たとたん嬉しくて舞い上がり
お洗濯しながら
急いでシャワー浴びてお手入れをして
ささっと掃除もして
家族を送り出したら彼から連絡が来ました。

今週が彼のお誕生日なのですが
その日にもう一度会えるかどうかわからないので
プレゼントを持って逢いに行ってきました。

久しぶりに見る彼
嬉しくて嬉しくて車に乗り込んだら
胸がきゅんとしました。
本当はすぐに抱きつきたかったけれど
車を走らせる邪魔になるから
そっと手を繋いでもらって
車の中で弾けるように私の話しをして
ちゃんと全部聞いてくれてから
彼の先週の様子、ちゃんと全部話してくれました。
無事に済んで、本当に良かったと思いました。
そんな時は私の事は頭からすっかり消えていても
仕方ないと思いました。

LHについてお部屋を選んで
エレベーターの中では激しくキスをされ
2人きりになったら
強く抱きしめてくれて
逢いたかったの、すごく淋しかったの
言わせないくらい激しく求められて

私が淋しいと思っていたのと同じくらい
彼は私を求めていたのかなぁと感じました。


付き合いだして間もない頃
彼が
一度してみたかった事があるんだけど・・
と恥ずかしそうに言った事がありました。
な~に?
ん・・首輪をさせてみたい・・
え?首輪?!
emiは俺の可愛いペットだから・・

それまで何度も
emiは貴方のな~に?と聞くと
最初は初恋の人と答えた彼が
ペットと嬉しそうに答えていた彼
私は、大事な人とか、恋人とか答えて欲しかったのに
いつもペットと答えられて
何だかつまらない思いをしていたのでした。

あ、本当にそういう事をしてみたい人だったんだ・・
驚いたけれど
それも何だか2人の秘密が増えるような気がして
何だかちょっとドキドキしながら
2人でぺットショップにピンクの可愛い首輪を
買いに行ったのでした。

本当に何かをさせるような事はしませんでしたけれど
首輪を裸の私につけると
物凄く興奮して、悦んで抱きしめてくれていた彼
ずっとずっと、こんなペットが欲しかったんだよ
ご主人様って呼ぶんだよ

それが高じて
時々はお尻をぺちぺち叩いたり
赤い縄を買ってきて縛ったり
でも
それはあくまでも2人でするプレイの一部で
何でも彼が望む事は、受け入れられる私がいる
それが解ると満足したのか
今は余りプレイに走ることもなくなりました。

だから彼の本質ではなかったのかなとも思います
ビデオなどで見ていて
男性として、一度やってみたかった
ただそれだけ、興味があったけれど
誰にも言えなかった
私になら言えて、答えてくれる

それが都合の良い相手だと言われてしまえば
その通りかもしれませんが

彼が何かしたい時
新しい玩具を欲しがる子供のようで
何でも応えてあげたくなる
私が頑張ってそれを受け入れると
良い子だ良い子だと
それはそれは悦んでくれる彼の笑顔
それは
新しい玩具を貰った小さな子のようで
その笑顔が見たくて
そして良い子だと褒めて欲しくて
彼が望む事は、何でも全部叶えてあげたくなる
それに
彼は私が本当に嫌がる事は要求しないし、させない

そんな風に2人だけの秘密を
この5年で少しずつ少しずつ増やしてきた感じです

今日も、何度も何度も高みにつれていってくれて
あぁ女に生まれてきて良かった
この人に抱かれて本当に幸せ

いつものように嬉しくて
貴方に会えて良かった
ありがとうと泣いてしまう私を抱きしめてくれました。

今日は何だか久しぶりに首輪をしめて欲しかったな
彼の胸に顔を埋めて甘えると

首輪して欲しかったの?

抱きしめて撫でながら彼は
でもね、emiはいつでも首輪をしてるんだよ
目に見えてなくても、ずっといつもemiは俺のものなんだから
もう絶対に離れられない、逃げられないんだから
一生俺だけのものなんだからね

愛してるよ

いつもなら
私が感極まって愛してると言うのに答えて
愛してると言ってくれる彼が
今日は自分から愛してるよと言いながら
深くキスをしてくれました。

ちゃんと10日間良い子にして待てたから
沢山ご褒美をあげようね・・

彼にプレゼントを渡しに行ったのに
彼から沢山のものを貰って心がほっかほかになって
帰って来たのでした。
by emi  at 18:03 |  恋する時間 |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑

うわさ話し・・・

最初の頃は
いつでも時間があいたら逢いたくてたまらなかった2人
段々逢う間隔があいてきて
そうしたら
今度はいつ逢えるんだろうと気が気じゃなくて
急に逢いたいって言われたら
やっぱりどんな約束よりも優先したい・・

だから最初の2年は
すっかり友達とも疎遠になってしまって
毎日毎日彼からの連絡を待っていたような気がします。

2年たって仲良しの友達と
映画に久しぶりに行ってみました。
あら、な~に、友達と過ごしても
前みたいにちゃんと楽しめるじゃない
どんな事でも彼と過ごしたいと思っていたので
自分自身に驚いたものです。

今でも友達か彼かと選ぶなら
彼との時間を選んでしまうけど
ちゃんと予定をお互い伝え合っているので
翌週のだいたいの予定はつかめますから
オフの時間は友達ともちゃんと楽しめる自分が居ます。

さて先週は、来週は時間に余裕があるよと言っていた彼
急に大変な事が勃発、
下手したら連日会社に泊まりこむくらいの事が起きて
今週はデートはなしです。
ちゃんと説明してくれてるので
安心して次のデートまで過ごせます。

先週、今週と子供関係、会社関係と
行事や飲み会が続きます。

その子供関係の母ばかりの集まりの後のランチで
○○さんがね・・・という話題が出ました。
どうも不倫をしているらしい、という話題
不倫なら○○地区の人だって同じ町内で・・・
そこで母達の意見は
どうして、あんなに素敵なご主人なのに
あるいはあんな素敵な奥様なのに
不倫相手に選ぶのってずっと下の人なの?
変だよね~~~
恋に狂うと目もおかしくなるのかしらねぇ~~
だいたいそういう人って倫理観がおかしいわよねぇ
その人の子供が可哀想でさぁ
顔見れないのよねぇ

まぁ、言いたい事言いたい放題でして・・
はい、おっしゃるとおりでございます
私はな~~んにも言えませんから
ふ~~んと聞き役で・・

やっぱり絶対絶対ばれてはいけないなと
心にかたくかたく誓ったのでした。
by emi  at 22:10 |  私のこと |  comment (9)  |  trackback (0)  |  page top ↑

秋の日

おはよう!と車に乗り込んで
待ち合わせ場所が地下駐車場だとおはようのちゅ♪
地上ならそのまま発進して・・

すぐに手を繋いでくれるので
今日は?と聞きます。

答えは二種類
今日は大丈夫、時間あるよ、または
今日は早く帰りたいんだ

時間あるよと言ってくれると
夕方まで一緒に過ごせます。
早くと言われる時は
お昼過ぎには会社に戻りたい彼。

今日はどっちかしら・・
いつも、どうか沢山一緒にいられますようにと
祈る気持ちで車に乗り込みます。

昨日は
大丈夫だよと笑ってくれたので
じゃ・・
○○○○に行きたいな・・と言ってみました。
○○○○??
うん・・紅葉が綺麗だって会社の人が・・

誰かに会いそうだからなぁ・・

確かに車で一時間くらいのそこは
この辺では紅葉が綺麗で有名です。
付き合い始めた頃、冬で誰もいない時に
連れて行ってくれたところです。
2人で手を繋いで、坂道を登っていき
御神木のような、夫婦木を見ました。
どうやって二種類の大木が絡み合ったのだろうと
2人で息を止めて眺めたのを覚えています。

だって、貴方と紅葉が見たくて・・
今年も結局お泊り行けなかったし・・

そうだねと答えたけれど
彼はLHへと車を走らせます。

誰かに会いそうな所へは
一緒には行けない関係なのだと
時々忘れてしまう・・

最初のまだ熱にうなされるように
毎日会い続けていた頃は
色んな所へ連れて行ってくれました。
その頃のように
手を繋いで外を歩いてみたい。

それは叶わなかったけれど
部屋に入るなり、強く抱きしめられて
会いたかったよと囁かれると
結局はこうして、誰もいない所でしか
逢えない関係なのかな・・・と
今更ながら感じていました。

会いたかったよ
早くこうして抱きたかったんだよと言われると
私もこうして抱きしめて欲しかったんだと
彼の温もりを嬉しく思っていました。

最近の彼は
キスをすると
愛撫よりも
まずとにかく一度繋がりたがります。
待ちきれなかったんだと言っている様に
服も脱がずに、犯すように
2人の繋がりを確かめます。
そんな繋がり方でも、激しく愛して
私を一度高みにあげておいて

それからベッドでゆっくりと味わうように
最初から・・
というのが最近の彼。

一週間しかあいていないのに
そんな求め方をされて
それでさっさと終わってしまうのなら
きっと悲しくなってしまうんだろうけど
それはそれは時間をかけて
優しく激しく、何度も何度も高みへ連れて行ってくれます。

そうしてやっと彼がいく時には
これ以上愛されたら意識が飛んで
おかしくなりそうと泣きながら
抱きしめられて一緒に登りつめます。

彼が登りつめて中で痙攣しているのを
抱きしめられながら感じている時間が好きです。
その体勢のまま、彼が寝息をたててしまう事もあるけれど
昨日は後始末をして抱きしめてくれたら
すぐに寝息をたてました。
そうやって彼の胸にかたく抱かれて寝る時間
白いシーツの中で、女に生まれてきた幸せを
かみ締めている時間です。

目が覚めて、寝すぎちゃったね
お腹が空いたなぁという彼を
どうしても毎週してあげたい
アロマオイルでの全身マッサージ
そして、やっぱりもう一度元気になった彼を
今度はじっくりとご奉仕・・
○○も舐めて・・・
彼から言われてちょっと驚き
毎回舐めてあげてるのに・・そこも好きだったのね
嬉しくなって夢中で可愛がってあげてると
お口でも欲しくなってきて・・
でも彼は結局は私の中で終わりたがる
という流れも毎回一緒です。

毎週逢って、毎週抱かれてるのに
5年たつのにこんなに激しくて・・
彼はタフだなぁと感じます。
そんな人に愛されて、
ずっとそばにいろと言われて
嬉しいなぁと
バスタブでジャグジーの泡の中で
また嬉しくなって抱きつくと
彼は優しくキスをしてくれます。

遅いお昼を、もう誰もいなくなったお店で
向かいあって食べている時間も
この5年でどれだけ過ごしたでしょう。

車に乗りこみ、ご馳走様のキスを交わして

ちょっと山のほうを回って帰ろうか
○○○○の方を走って帰るよ

走る途中も
ほらあの山、あそこ紅葉きれいだよ

山一面の紅葉を見ながら歩きたかった
その私の想い
ちゃんとわかっていてくれた彼。

ずっと手をつないで
いつもより、うんと遠回りしてドライブしてくれて
甘いもの食べる?と
ケーキとコーヒーのデザートも食べて
私はココアを飲んだので
昨日の最後のキスはココアの味がしました。

外で手を繋いで歩けなくても
山一面の紅葉を一緒に見れなくても
とっても幸せな秋の一日を過ごせた・・
身体だけではない、ちゃんと大事にされてると
心がほっかほかになって帰って来たのでした。

そうそう
いて座の彼へのプレゼント
ちゃんと見つけて帰って来れました。
by emi  at 00:10 |  恋する時間 |  comment (9)  |  trackback (0)  |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。