FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by emi  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

こんなに・・・

シャワーは浴びてきたけれど
もう一度お風呂に入らせてください。

恥ずかしくて恥ずかしくて
我慢できなくなったので
彼にお願いして
彼は
そうだね、じゃ僕が先に入るよ

お風呂場で身体中をもう一度
丁寧に丁寧に洗いながら
本当に良いの?と自分に問いかけていました。
もう戻れないでしょと覚悟を決めて
香りをつけて
その日着てきていた一番のお気に入りの
レースのスリップとショーツをもう一度
身につけて、出ると
バスローブを着た彼が待っていて
抱き上げてベッドまで運んでくれました。

(お姫様みたい・・・)

せっかく着たスリップは脱がされてしまいました。

ため息をつく彼に

いやぁ恥ずかしい・・
明かりを暗くしてください・・

なんで?こんなに綺麗なのに
よく見せて・・
とても子供を産んだ身体には見えないよ・・

怖がらないで
大丈夫だから

力を抜いて

まるでバージンの女の子に対するみたいに
彼は優しく優しく
語りかけながら
身体中に手と唇を這わせました。

キスをする時は
頬を撫でながら、髪をなでながら
唇を下へ這わす時には手を繋ぎながら・・

そんな愛撫も
初めての事でした。

夫とするそれは
暗闇の中での「行為」でした。
ささっと触り、濡れていない私に舌打ちして
自分の先に自分の唾液をつけて
さっさと挿入する
そして、あっというまに自分だけいってしまう
だから
女性が「いく」なんて嘘
そんなの小説やAVの中だけだ
男性を「いかせる」ために「いく、いく」と
「ふり」をしてるのだと
ずっと思っていたのです。
(そんな行為でも、子供は授かるのですけどね)

そんなにも
愛情をかけて愛撫されたのも始めての事だったのです。

愛撫されるだけで
そんなにも身体中が痺れる思いをしたのも
始めてでした。

やっと入って来た彼は
あぁぁぁぁと
声に出して入って来ました。

こんなに良いのに・・・
旦那さんは、なんて勿体無い・・・

深く深くため息をつきながら
彼は入って来たのです。

それを聞いて
私は、堪えきれずに
声に出して泣いてしまいました。

女として見れないと言われ
抱いて欲しいと夫に頼むと
俺はあんたと違って淡白なんでね!と
吐き捨てるように言われ
夫婦の間でさえ
その「行為」は汚い事のようで
夫に抱かれたいと思う自分は汚い女のようで
ずっとその思いは封印していた物でした。
10年!
きっと女性として一番輝いていた時間
10年!!
夫にでさえ、触れられなかったこの身体

きっと彼はそんな私が
可哀想で
こんなに良いのにと言ってくれた・・・
そう思って
涙がぼろぼろぼろぼろ
止まりませんでした。

驚いた彼は
どうしたの?痛かったの?

泣きじゃくる私を
抱きしめて、撫でてくれました。

そうじゃないんです
私、本当に自信がなくて
怖くて堪らなかったんです

こんなに良いんだから
自信ないなんて言わないで

本当に凄く素敵だよ
すごく良い○○○○だよ
蕩けそうだ・・

そんな言葉を耳元で囁かれたのも驚きでした。

暗闇で黙々とする「汚い」行為と思っていた

彼に出会って
本当の愛の行為を教えられたのでした。
by emi  at 16:49 |  恋する時間 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

なんだか・・・

私まで涙が出ちゃいそうになりました。
彼様に出会えてよかったね・・・

続き・・・楽しみにしてますねv-22
by 晴香 2006/10/28 17:09  URL [ 編集 ]

晴香ちゃま、ありがとう

今でもね
思い出すと涙が出ちゃうんです。

彼に出会えて
本当に良かったと思ってます。
by emi 2006/10/28 17:16  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。