FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by emi  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

砂浜にて

帰って来てからも
次の日もずっとメールが行き来して

これから会おう!と彼が迎えに現れます。

メール見てたら、抱きしめたくなった

今度は本当に海まで車を走らせました。
車を降りて、防風林を抜ける時に
思わず彼の腕にすがると
彼はその手をとって、
始めて二人で手を繋いで
林を抜けて行きました。

一月の海は波が高く
波しぶきが光っていて
それはそれは綺麗で
そして、とても寒くて
風が強くて飛ばされそうで
2人して、寒ーーーーーーーーーーーい!!
と笑いあいました。

次の瞬間
急に彼に抱きしめられていて
それが、本当に急だったので
足ががくがくと震えました。
まるで少女のように、ドキドキして
心臓が口から飛び出そうでした。
身体中がガクガクと震えて声も出ず
彼は
そんな私の耳元に
・・ダメ?・・
私は言葉も出せず、いやいやをしました。
やっと出せた言葉は
・・だって・・・

それでも彼は俯いている私のあごを持ち上げて
優しく優しくくちづけをしたのでした。

その瞬間
身体中に電気が走ったような衝撃を受けました。

あんなキスは今まで一度だってなかった。
優しくて、でも痺れるようなキス。
生涯忘れられないキスでした。

後になって
私達の記念日ってあるの?と聞いた時
あの砂浜で、僕達は始まった
だからあの日が2人の記念日だねと
答えた彼。
1月が来ると6年目になります。
今でも、あの衝撃はありありと蘇ります。
彼があの時一歩を踏み出してくれて
私達は始まったのだと思います。

by emi  at 22:32 |  2人のこと |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

はじめまして

emiさん、はじめまして。
みどりともえと申します。

優しく受け止めてくださる彼さんなんですね。
エントリーを拝見させていただいて、暖かい気分になりました。

また、あそびにきますね。
よろしくお願いします。
by みどりともえ 2006/10/26 03:07  URL [ 編集 ]

だんだんと・・・・

確信に迫ってきましたね。
emiちゃんの大変な時期を救ってくれたemi彼。
神様が頑張ってるねってご褒美をくれたのよね。

今までのエントリを読ませていただいて、本当にそう思いました。

・・・・こんな素敵なblog。
ウチからリンクさせていただいてもいい?
少しオープン過ぎるblogですから、いろんな方に見られてしまう可能性もあって、
もしひっそりとやっておきたいというのでしたらいたしませんけど・・・・
できましたらお願いv-237
by my 2006/10/26 06:51  URL [ 編集 ]

ようこそ

みどりともえ様

ちょっと重い始まりだったかなと思ってましたので
暖かいと言って戴けて
とても嬉しいです。

これからも
どうぞよろしくねv-10
by emi 2006/10/26 08:54  URL [ 編集 ]

きゃあ

こんな拙いお部屋なのに
myちゃんに素敵と言って戴けるなんて・・v-10

myちゃんの所で
言葉にする喜びを教わったので
頑張って行こうと思ってます。

リンクの件、恥ずかしいけれど、よろしくお願いいたします。
by emi 2006/10/26 09:01  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。